甲野籐 四郎
(こうのとう  しろう)



剣道範士八段/居合道範士七段/杖道錬士五段

略 歴
○大正3年1月14日、福島県二本松市にて出生する。

○昭和11年国士舘専門学校を卒業し、同年満州国大連実業高校教諭、昭和15年第三中学校教諭を歴任する。

○昭和22年に帰国し、同年福島県二本松中学校教諭となる。

○昭和27年に静岡県立大仁高校教諭として赴任し、昭和37年5月に静岡県立沼津商業高校教諭となる。

○静岡県剣道連盟理事長(昭和50年から昭和57年まで)、沼津市剣道連盟会長(昭和54年から平成4年まで)を歴任する。

○平成4年8月27日逝去(享年79歳) 勲五等瑞寶章を授与される。
剣 歴
○昭和7年国士舘専門学校に入学し、斎村五郎範士、大島喜太範士の指導を受ける。

○満州国大連において大野茂範士の指導を受け、居合、杖道を学ぶ。

○第12回静岡国体に撓競技選手として出場する。

○第18回国体に出場する。

○昭和46年、剣道八段に昇段する。

○昭和55年、剣道範士を拝受する。

○平成4年、居合道範士を拝受する。

剣道史トップページにもどる